デジタライゼーションを活用してスマート・マニュファクチャリングを実現する業界トップクラスの企業

オンデマンド・ウェビナー | 42 分

電子機器のスマート・マニュファクチャリング

電子機器のスマート・マニュファクチャリング

PwCによると、同社が調査した2,000の製造会社のうち86%が、今後5年間でデジタライゼーションに取り組むことでコスト削減と収益向上を期待していると答えました。インダストリー4.0とも類似するスマート・マニュファクチャリングは、企業の経済的持続性を実現させる重要なデジタライゼーション戦略であり、急速に変化する状況に対処する方法として広まりつつあります。スマート・マニュファクチャリングの目指すところは、処理能力、稼働時間、パフォーマンスを向上させながら、オーバーヘッドコスト、運用コスト、資本コストを削減させることに尽きます。

しかし、スマート・マニュファクチャリングを製造環境にいつどのように導入するかとなると簡単にはいきません。製造会社はデータと分析を活用することで、生産性を阻害し、不具合を招いている要因を診断することができます。生産性の向上とコストの低下につながる正しい判断を適任者が下すためには、リアルタイムのデータ活用が必要であり、こうしてビジネスを成長させる新しい能力とビジネスモデルを身につけることができます。

電子機器業界を変革させる新たな、興味深い技術進歩について深く掘り下げてみましょう。

概要

  • アイデア、実現、利用の各段階で基本的な考えを関連付けながら、企業が段階的にデジタル・エンタープライズへと変革していく利点を発見する。
  • 分断された環境で機械と電子機器の実装計画と実行を進めるなど、製造会社が直面している重要な課題について、またオープンでインテリジェントなデータ交換フォーマットの利点について考察する。
  • シームレスなNPI (新製品導入)、高い製造柔軟性と製造実行の組み合わせで実現する「初回成功」が、高性能、高信頼性、高コスト効率の製品の迅速な市場投入に重要な役割を果たすことを知る。
  • 製造プロセスと材料フローの最適化を阻んでいた分断したシステムおよびプロセスを克服したシーメンス (フュルト) の事例を学ぶ。