本文へ移動

石油 / ガスのデジタル・ツインで海底施設の設計限界を押し上げる

オンデマンド・ウェビナー | 37 分

石油 / ガス企業がデジタル・ツインを使用すると、海底施設のパフォーマンスを全寿命を通じて予測し、最適化できます。

海底施設の設計のための石油 / ガスのデジタル・ツイン
海底施設の設計限界を押し上げる

海底に設置する石油 / ガス生産施設を正しく設計、取り付け、稼働、運用することは、最も難しいエンジニアリング分野の1つと言えるでしょう。

デジタル・ツイン技術を使用することで、物理的なアセットの進化に合わせて変化する「生きた」海底施設を組み立てることができます。この結果、石油 / ガス事業者は、稼働期間をとおしてすべての課題に対処する海底施設の設計が可能です。

石油 / ガスのデジタル・ツインを使用して海底施設のガス生産率を25%向上させる方法を学びます。

海底石油 / ガス生産システムの設計と運用にデジタル・ツイン技術を効果的に活用することで、ダウンタイムを最小化させ、制御システムを最適化する最良の方法を予測することで、アセットの成熟に伴う変化に対応しながら、生産量を大幅に増加させます。このウェビナーでは、デジタル・ツインが石油 / ガスの生産量向上をいかに支援するかを紹介します。

石油 / ガスのシミュレーションソフトウェアの利点

デジタル・ツインを使用すると、海底生産施設 (資産ト) の現状の監視に加え、条件の変化が運用にどのような影響を与えるかを予測することもできます。CFD (数値流体力学) などのシミュレーションソフトウェアが提供する予測機能は、石油 / ガス事業者がwhat-ifの問いに解を見出し、あらゆる運用条件のもとで資産のパフォーマンスを最適化するのに役立ちます。従来の設計エンベロープでは網羅できなかった側面にも対応します。

石油 / ガス業界向けCFDについてシーメンスのエキスパートに聞く

Gaétan Bouzard – マーケティング・マネージャー– 石油 / ガス産業向けSimcenterソフトウェアソリューション シーメンスエンジニアリングサービスの製品マネージャーとして入社後、エネルギー管理のためのシステムシミュレーションアプリケーションを担当してきました。現在は、シミュレーションソフトウェアの石油 / ガス業界担当マネージャーを務めています。

Pierre Petit氏 – 流路保全エンジニア – MsEng Integrated Solutions – 製造保証
OneSubseaの主席エンジニアである同氏は流路保全分野で15年を超える経験があります。多岐にわたるプロジェクトでコンセプト設計や詳細設計などを幅広く手掛けてきました。長年にわたるキャリアのなかで一貫して流路保全に取り組んでいます。石油 / ガス施設向けのCFDシミュレーションの可能性を5年前に再認識して以来、浸食と流れによる振動解析を手掛けています。

Bruce Kakimpa博士 – 主席エンジニア
Norton Strawで主席エンジニアを務める同博士は、10年以上にわたり、CFD、ASAEメーター、海底石油 / ガス生産設備の設計とプロセスの課題に向き合ってきました。

ご質問はありますか?