予測的エンジニアリング解析によって石油精製・石油化学における設計と運用を改善

オンデマンド・ウェビナー | 41 分

シミュレーションにより複雑なプロセスを理解

石油化学・精製における予測解析のためのシミュレーション

今日の複雑な石油精製・石油化学業界で実績を上げるには、より安全で効率的かつ信頼性の高い機器やプロセス、設備の設計・運用を実現するデジタルツールが必要です。このウェビナーでは、設計、運用、保守メンテナンスする機器や設備の複雑な物理・化学プロセスをエンジニアが深く理解するために、シミュレーションベースのデジタル・ツインを活用する方法を説明します。

石油精製・石油化学業界に携わる以下の方を対象としています。

  • 機器や設備の設計・運用に関わっている
  • 最新の予測的デジタル・ツインやシミュレーション技術、その価値、設計・運用への影響に関心がある

具体的な利益となる圧倒的な知見と見解をもたらすシミュレーションベースのデジタル・ツイン

プロセス性能の向上やシステムの効率化、環境目標の達成、構造物健全性の確保、プロセス安全性の実現など、それぞれ目的は異なっていても、シミュレーションベースのデジタル・ツインは、これを活用するオペレーターやエンジニアリング企業、機器メーカーに具体的な利益となる圧倒的な知見や見解を提供します。このウェビナーでは、具体的なケーススタディを用いて、設備の初期設計から運転寿命を終えるまでのエンジニアリング・ライフサイクル全体を通して、予測的エンジニアリング手法が石油精製・石油化学プロセスにどのように役立つかを紹介します。

紹介するケーススタディは、プロセスフローや粒子動力学、熱伝達、構造挙動の制御と管理など、技術的な課題を幅広くカバーし、予測的デジタル・ツインが製油所設備の性能最適化やメンテナンスの計画、計画外のシャットダウン回避にどのように役立つかを示します。高忠実度シミュレーションからシステム全体の予測まで、シーメンスSimcenterのマルチフィジックスとマルチフィデリティの機能をデモンストレーションします。

対象者:

  • 石油精製・石油化学の機器・設備の設計や運転に携わるエンジニア
  • 最新の予測的デジタル・ツインやシミュレーション技術、その価値、設計・運用への影響に関心があるエンジニアやアナリスト、マネージャー
  • デジタルベースの設計や運用サポートにおけるチームの技術力を拡大し、ビジネスや市場の要求を満たしたいと考えているエンジニアリングマネージャー
  • 予測的デジタル・ツインを導入して設計・運用プロセスを改善して最適化する方法を学びたいすべての方
  • 数値流体力学 (CFD)、有限要素解析 (FEA)、粒子流 (DEM)、システムシミュレーションなど、マルチフィジックスやマルチフィデリティシミュレーションに興味のあるすべての方

講演者:

  • Ravi Aglave博士(シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェア、エネルギー&プロセス産業担当ディレクター)
  • Doug Kolak (シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェア、流体システムシミュレーション、事業開発マネージャー)