燃焼器の性能を予測して、設計を改善: デジタル試験にシミュレーションを使用したB&B-AGEMAの事例

オンデマンド・ウェビナー | 53 分

B&B-AGEMAが燃焼器の設計プロセスにどのようにCFDシミュレーションを活用したかを学ぶ

CFDを使用して燃焼器の性能を予測し、設計を向上
CFDを使用して燃焼器の性能を予測し、設計を向上

燃焼器の設計プロセスは、炎、混合、温度、排気に対する情報を得るため、CFDシミュレーションに依存しています。このウェビナーでは、最新の燃焼器シミュレーションについてB&B-AGEMAが発表します。CFDを燃焼器の設計プロセスに取り入れることで、どのようにモニター装置を最適化し、ハイドロゲン燃焼を理解したかをご覧ください。

物理試験の前に燃焼器設計を最適化したB&B-AGEMAの事例を紹介します。

主な内容:

  • Simcenter STAR-CCM+で使用する燃焼モデルと乱流モデルの詳細
  • B&B-AGEMAはモニター装置の堅牢性を確保するためにどのようにシミュレーションを活用したのか
  • 共役熱伝達、FEシミュレーション、クリープ予測を組み合わせ、バーナーの性能を包括的に理解する方法

Jens Dickhoff

燃焼器設計 テクニカルマネージャー, B&B-AGEMA

Dr. Nils Beckmann

プロジェクトエンジニア, B&B-AGEMA