本文へ移動

シミュレーションを使用して電気自動車/ハイブリッド車のエンジニアリングと設計を合理化する方法

オンデマンド・ウェビナー | 46 分

シミュレーションを使用して電気自動車/ハイブリッド車のエンジニアリングと設計を合理化

シミュレーションのメリットを生かしてEV、HEVのシステム/コンポーネント設計の効率を最大化します。
シミュレーションのメリットを生かしてEV、HEVのシステム/コンポーネント設計の効率を最大化します。

電気自動車とその主要コンポーネント (電気機械とバッテリーパック) の試験を物理的に開発して実行するプロセスは、多額の費用と大量のリソースが必要になるため、潤沢な資金を持つ大規模な組織や研究所しか行うことができません。

このウェブセミナーでは、シミュレーションを使用して、システム動作の解析を目的とした研究や分析、試行、実験を最小限に抑えながら、熱効率の高いシステムを開発する方法を紹介します。潜在的な問題を初期段階に特定し、システムの完全性を維持するには、強力な連成解析 (バッテリーの流れ/熱伝達/電気化学解析と、電気機械の流れ/熱伝達/電磁気解析) を行って、できるだけ正確に予測しなければなりません。

全体的な傾向としては、物理システムを構築する前にシミュレーションで個々のコンポーネントとシステム全体を解析し、システムの複雑性を把握しながら熱管理にも対応することが不可欠となっています。

ご質問はありますか?