本文へ移動

シミュレーション駆動型設計は中小企業にも適しているか

オンデマンド・ウェビナー | 52 分

オンデマンドウェビナー: シミュレーション駆動型設計

シミュレーション駆動型の製品設計

次世代のスマートコネクテッド製品の設計は、決して簡単な仕事ではありません。中小企業のオーナーは、ますます短くなる納期に負けずに働くようにエンジニアに求めています。要件はさらに厳しくなり、時には互いに矛盾しています。予算もタイトで、ほとんど余裕がありません。エンジニアの成功を助けるためのテクノロジー主導の取り組みは多数存在していますが、その中で最も達成可能なものは、シミュレーション駆動型設計です。

学べる内容:

  • シミュレーション駆動型設計の定義
  • 中小の製品エンジニアリング企業がシミュレーション駆動型設計を導入する方法
  • シミュレーション駆動型設計に解析エンジニアが果たす役割

Lifecycle InsightsのチーフアナリストであるChad Jackson氏と、シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアのシニアマーケティングマネージャーであるPatrick Farrellが、これらの疑問にお答えします。