本文へ移動

石油およびガスのシミュレーションソフトウェアを使って生産効率を最適化

オンデマンド・ウェビナー | 50 分

石油・ガス業界が「長期にわたる低い」価格を受け入れるようになるにつれて、経営者は生産効率の最適化を模索するようになりました。つまり、国際的な石油会社はコストをできる限り抑えて、より多く生産する方法を検討し始めています。 生産効率を最大限向上させている経営者は、石油およびガスのシミュレーションソフトウェアと最適化ツールを組み合わせて使用するようになっています。

最適化およびシミュレーションソフトウェアによって石油とガスの生産効率を向上する方法を探る:

石油業界の課題対処において石油およびガスのシミュレーションソフトウェアが果たす役割をNorton Strawとシーメンスとともに探りましょう。

  • シミュレーションを主体とした設計探索と最適化によって既存の生産装置やプロセスのパフォーマンスを向上
  • 設計プロセス早期からパフォーマンスをシミュレーションすることで、新しい生産装置とプロセスのパフォーマンスを最適化
  • シミュレーションを主体とした設計戦略を採用してエンジニアリングの可能性を追求
  • HEEDSソフトウェアで設計空間の自動探索を実行

このウェビナーで取り上げるシミュレーションによる最適化の用例:

  • コストおよびライザー上端の張力の削減
  • 海洋補給船の燃料削減
  • ドリルビット周囲の流れの最適化

石油とガスの生産最適化について専門家と話す

Matt Straw博士 – Norton Straw Consultantsのマネージング・ダイレクター。ノッティンガム大学を卒業し、風工学のCFD技術開発において修士号と博士号を取得。シミュレーションと最適化に20年間取り組み、16年間を石油およびガス開発・生産業界で過ごす。2011年、Norton Straw Consultantsを設立し、石油・ガス業界で生産最適化技術を活用する支援をしています。
Alex Graham氏 – シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアの石油・ガス業界のテクニカル・スペシャリスト。エンジニアリング科学の修士号を取得。Lotus Renaut GPでCFD/空気力学のアナリストをしていた2008年にSimcenter STAR-CCM+を使用し始めました。その後、CD-adapcoにアプリケーション・エンジニアとして加わり、現在は石油・ガス業界に重点的に取り組んでいます。

設計探索のための石油およびガスのシミュレーションソフトウェアを使用する利点:

  • シミュレーションを主体とした設計への移行やシミュレーションと設計の統合の促進
  • 複数の設計オプションの探索と解決策の迅速な把握
  • 設計時間とコストの削減
  • 「長期にわたる低い価格」環境における石油業界の変革と石油生産効率の最適化の促進
  • エンジニアリングに費やす時間を増やし、シミュレーションプロセスに費やす時間を削減できるようエンジニアの支援

設計プロセスを見直し、コスト削減と石油生産効率の向上に成功したFMC Technologiesの事例

実験計画法 (DOE: Design of Experiments) をやめて、石油およびガスのシミュレーションソフトウェアとHEEDSを活用し始めたFMC Technologiesの成果:

  • 150以上の設計を評価
  • 3組のデザインを特定
  • 熱伝導性能を20%最適化
  • 製造および材料コストを削減