本文へ移動

パスバイノイズ試験とエンジニアリング

オンデマンド・ウェビナー

画期的なパスバイノイズ・エンジニアリング手法を使用して将来の騒音放射規格を満たし、試験時間を短縮します。

パスバイノイズの認証試験は従来、結果によっては自動車メーカーが新型モデルを市場に出せなくなる恐れがあるため、非常に重要なテストだと位置付けられてきました。長年法規制には、都市部における平均的な自動車の使用状況が反映されています。欧州環境機関は、公衆衛生を保護するために、より厳しい騒音制限を敷いています。 

こうしたなか、開発サイクルの初期段階に車両のパスバイノイズを予測する、高度なパスバイノイズエンジニアリング手法を導入する自動車OEMが増えてきました。この手法を使うと、各サブシステムの騒音が全体の騒音にどのように寄与しているのかを詳細に把握することができます。 

ウェブセミナーの内容:  

  • パスバイノイズ試験を正しく効率的に実行して、規制を遵守した車両を開発 
  • 外部/内部パスバイノイズの試験実行時に既存の規格を適用 
  • ハイブリッド車/電気自動車 (AVASシステムを含む) の新しいNVH規格を理解 
  • テストとシミュレーションを組み合わせた高度なエンジニアリング手法 (ASQ: 空気伝播伝達経路解析など) を適用 
  • 開発プロセスの初期段階にパスバイノイズを予測して、部品やサブシステムにターゲットを設定

Realize LIVE Europe | November 3-4, 2020 | Virtual

Realize LIVE Europe, registration now open

Realize LIVE Europe 2020 -  Register now to join Realize LIVE virtually

Don't miss your opportunity to participate in two days of engaging content, networking, and building those meaningful connections at the NEW Realize LIVE Europe virtual conference.



Enhance your knowledge and proficiency with the tools you have, learn from the thought leadership and customer stories that will help guide your organization's continued digital transformation.