本文へ移動

モデルベースの開発戦略を採用して、バッテリーの性能を改善

オンデマンド・ウェビナー

Saftは、電極からシステムまで、高エネルギーアノードのバッテリーセルをどのように設計しているのか

各国政府やメディアは同様に「電動化」を推進し、業界への「電動化」圧力は強まっています。電気デバイスの開発では、バッテリーセルの設計と性能が重要になっています。電力、エネルギー密度、安全性、経年劣化、コストなど、個々のセルで行った設計判断が、ダイナミックな市場おける会社の地位に影響を及ぼす可能性があります。

このプレゼンテーションでは、モデルベースの開発戦略を統合する利点 (つまり電極コンポーネントからシステムレベルまで、シミュレーションを活用する利点) を説明します。また、シミュレーション機能を使ってセル/バッテリー要件を定義して正しいハードウェア/ソフトウェア設計判断を下す方法や、コンポーネント統合問題の発生する可能性を初期段階に把握してシステムの最終性能を予測する方法も紹介します。

SaftのPhilippe Desprez氏がセルモデリングの機能を紹介します。Simcenter Battery Design Studioを使用してセル性能を仮想で予測し、選択したテクノロジーを検証します。 

内容:

•Simcenterポートフォリオのバッテリー設計専用シミュレーション機能
•セルモデリング、設計最適化、テクノロジーがシステム性能に及ぼす影響
•マルチフィジックスシステムの相互作用のモデリング: 電気化学、熱管理、制御など

Philippe Desprez

ソリッドステートプログラム・シミュレーションエキスパート, Saft

Philippe Desprez博士は、Saftのモデルベース部門のバッテリー管理/電気化学エキスパートです。1997年の入社以来、Saftソリューションを通じ、セル設計からバッテリー設計/管理にまで使用できる非常に付加価値の高いツールへとCAEを進化させてきました。これにより、グリッド、モビリティなどの産業アプリケーションを網羅する、大型のリチウムイオンセルやバッテリーポートフォリオの開発が可能になりました。 Philippe博士はChemical Engineering、Nancy Instituteでプロセス工学の博士号を取得しています。

Realize LIVE Europe | November 3-4, 2020 | Virtual

Realize LIVE Europe, registration now open

Realize LIVE Europe 2020 -  Register now to join Realize LIVE virtually

Don't miss your opportunity to participate in two days of engaging content, networking, and building those meaningful connections at the NEW Realize LIVE Europe virtual conference.



Enhance your knowledge and proficiency with the tools you have, learn from the thought leadership and customer stories that will help guide your organization's continued digital transformation.