船舶システムの性能エンジニアリングを最適化して生態系の課題に対応

オンデマンド・ウェビナー

Simcenterツールを使用してシステムシミュレーションを実行し、船舶の性能を予測する方法を学びます。

船舶システムの性能エンジニアリングを最適化して生態系の課題に対応
船舶システムの性能エンジニアリングを最適化して生態系の課題に対応

海洋産業は、国際海事機関 (IMO) の厳格な排出量目標を達成するという難しい課題に直面しています。二酸化炭素 (CO2) と窒素酸化物 (NOx) の排出量は、2050年までに (2008年のレベルから) 50%削減する必要があります。同時に、全体コストと運用コストもできるだけ低く抑制しなければなりません。船舶システムの性能エンジニアリングは、これらの課題に対応し、複雑化するインテリジェントシステムを管理するための新手法です。

ウェビナーの内容:

  • 新しい技術が現在のアーキテクチャに及ぼす影響を仮想で予測する方法
  • 内燃機関の効率を最大化する方法
  • 船舶の電気 / ハイブリッド・ドライブトレインのコンフィギュレーションを最適化する方法
  • これらに応じた制御戦略を策定する方法
  • エンジニアリングプロセスに適合する効率的なシミュレーション手法を実装する方法
ご質問はありますか?