本文へ移動

自動運転車用センサーのハードウェア設計と最適化のためのシミュレーション駆動型エンジニアリング

オンデマンド・ウェビナー | 39 分

センサーのエンジニアリングと性能設計を加速する合理化されたアプローチ

自動運転車用センサーのハードウェア設計と最適化のためのシミュレーション駆動型エンジニアリング

自動運転車用センサーの主な設計目標は、さまざまなレベルの自動運転をサポートする高解像度と高レンジを犠牲にすることなく、サイズとコストを削減することです。また、センサーを車体に統合するときには、車載環境において、またあらゆる天候条件下で動作の信頼性を確保しなければなりません。センサーの設計と車両への統合は、センサーのサプライヤーだけの問題ではなく、自らが販売する車両の自動運転技術の安全性と信頼性に最終的な責任があるOEMにも影響があります。

自動運転車用センサーのハードウェアの基本的な設計と車両への統合にまつわる課題に対処するため、シミュレーションと試験ソリューションを最大限活用する方法を学びましょう。

学べる内容:

  • 電気設計、熱設計、機械設計を統合した構造的なワークフローを活用して、センサー用ハードウェアの電子部品と筐体の設計を最適化する方法
  • シミュレーションを使用して、レーダーや超音波センサーのマルチスケールの設計課題に対処する方法
  • 堅牢な360度ビュー機能を備えたセンサーを車両に統合し、天候の影響を評価するため、適切なシミュレーション手法を活用する方法
Puneet Sinha

Puneet Sinha

ニューモビリティ担当ディレクター, Siemens Digital Industries Software