プローブとキーフェーザーを使用したローターと回転装置の静的 / 動的解析

オンデマンド・ウェビナー | 67 分

このウェビナーを視聴して、ローター動力学の測定手法と解析ツールについて学ぶ

ローターの静的 / 動的解析
ローターの静的 / 動的解析

ローターと回転装置の静的 / 動的解析は、不要な振動を回避し、機械の信頼性を確保するうえで重要です。起動時、停止時、負荷時に油圧ベアリングのシャフトの動きはどうなっているのでしょうか。

効率的な測定と解析を実行すると、不平衡振動源、定常源、動的荷重の詳細を把握し、振動の問題を回避できます。

このウェビナーを視聴して、キーフェーザーと近接プローブを使用して、ベアリングのシャフト動作を測定する方法を学びます。

ローターダイナミクスの測定

ローターダイナミクスの測定手法は、さまざまな速度で機械の向きを解析し、プローブとキーフェーザーを使用して動作荷重を測定するものです。複数の解析プロット (軌道、中心線、極、全域プロット、動作ずれ形状など) を効果的に組み合わせることで、ローターの不平衡、シャフト回転、完全な取り付け時の構造的な挙動に関する詳細な解析が可能です。次の内容を学びます。

  • センサーとセットアップを含めたローター動力学の測定について
  • 解析ツール、典型的なプロット、その物理的な意味合いについて
  • 最先端の試験ソフトウェアを使用したローター動力学の処理と解析

ローター軌道の解析と測定

軸周辺の重量の不平衡と回転時の動的荷重は摩擦を生じさせ、その結果、過度の振動と騒音を引き起こします。場合によっては、システム自体の寿命を短縮させ、危険な作業条件に繋がりかねません。ローター軌道測定は、実際の動作環境下における回転装置の安定的な動作の達成を目的としています。安定的な動作とは、回転から生じる振動が事前定義された限界値を下回ることを意味します。

このウェビナーを視聴すると、センサーとプローブを使用したローター振動特性について学べます。

ローター動力学オイルホイップとオイルホワール

動的条件に起因するオイルホイップやオイルホワールは、ローターに不要な振動を発生させます。 

このウェビナーを視聴すると、最先端の測定ツールを使用して不安定動作の原因を効果的に特定する方法を学べます。

ローター動力学

限界速度を超えると、減衰を起こし、非常に危険です。回転装置メーカー (産業用ポンプ、タービン、コンプレッサーなど) は、試験ソフトウェアのプロット機能 (全域プロット、カラーマップのプロット、中心線プロット) を使用して、回転部品の限界速度に関する価値ある洞察を得られます。