耐久性シミュレーションの路面荷重予測を数日間ではなく数時間で実行

オンデマンド・ウェビナー | 52 分

コンポーネント荷重に基づいて、タイヤの変位を計算する。

耐久性シミュレーションでサスペンションへの予測荷重を表す仮想モデル

仮想路面荷重予測は、時間のかかる、複雑な作業です。エンジニアはタイヤや、ドライバー、デジタル化された道路、車両の動作を正しく表現する車両モデルの柔軟なコンポーネントに関して、適切なパラメーターをモデリングしなければなりません。

このウェビナーは、試験トラック測定をシミュレーションに含めるための方法を紹介します。仮想テストリグで内部荷重に基づいてタイヤの変位を計算し、路面荷重予測を数日間ではなく数時間で実行するための方法を説明します。耐久性シミュレーションで材料、形状、溶接の変更の影響を予測することで、検証後に車両の性能が最適化されることを学べます。

耐久性シミュレーションに使用するコンポーネント荷重を計算する

路面荷重を正確に定義し、路面荷重による個々の車両コンポーネントへの影響を把握することは、耐久性シミュレーションを成功させるうえで重要になります。

ウェビナーに登録し、以下の内容を学びましょう。

  • モデルを動かす仮想テストリグを作成し、コストと時間を削減する方法
  • タイヤと道路の特性評価をしないで、荷重予測を実行する方法
  • 早期から車両荷重を利用できるように、反復プロセスを使用する方法
  • 重量、強度、および耐久性のバランスをとることで、設計を最適化し、検証する方法
  • 耐久性シミュレーションに高度な材料や、溶接、アディティブ・マニュファクチャリングで製作した部品を取り入れる方法

任意のテストデータからタイヤへの路面荷重予測を開始

モデルと実車両のプロパティに少しでもずれがあると、シミュレーションに望ましくない動きが発生し、非現実的な荷重が導き出されます。Simcenterはテストデータを路面荷重予測に使用しているため、早期から現実世界の車両荷重を利用できます。

Simcenter 3D Motion TWRソリューションは、高忠実度の3D車両モデルでテストデータを使用します。車輪の中心での同等の駆動信号を計算する、独自の反復技法により、ドライバーやタイヤ、デジタル化した試験トラックなどの複雑な項目をモデル化する必要がなくなります。

単一の環境に統合された耐久性シミュレーションエンジニアは、デジタル・モデルにセンサーを取り付け、変位信号を使って路面荷重が個々のコンポーネントやインターフェース点に与える影響を計算します。

耐久性シミュレーションを実施し、設計の最適化と検証を行う

フルビークルモデルの検証が終わったら、耐久性シミュレーションチームは、調査したいコンポーネントを抽出し、さらに高度なシミュレーションによって、最適化したり、さまざまな部品案を評価し、最も高性能なコンポーネントを設計します。

このソリューションは、高度な材料とアディティブ・マニュファクチャリングにも対応しているため、設計最適化と仮想製品検証以上のことができます。ウェビナーでは、アディティブ・マニュファクチャリングと機械学習を使ってコンポーネントを最適化し、実際の路面荷重から局部疲労特性を予測する方法をお見せします。この画期的な手法は、軽量で耐久性の高い部品づくりに適しています。