本文へ移動

効率的な路面荷重データの収集

オンデマンド・ウェビナー

車両の耐久性エンジニアリングプロセスの成功は、想定寿命内に製品にかかる荷重を正確に理解することから始まります。路面荷重データの収集 (RLDA) は、正確な車両応答を測定するための優れた手法です。

試験場での実際の路面荷重データの収集
試験場でのRLDA

路面荷重データの収集 (RLDA) は、正確な車両応答を測定するための優れた手法です。路面荷重データの収集では、あらゆるタイプの基本車両と、質量、慣性、空気抵抗、転がり抵抗、道路の特性、エンジン負荷、車両速度などの運転パラメーターを考慮します。これらの路面荷重データは、耐久性目標を求めるのに使用します。 

学べる内容: 

  • 実際の荷重データを取得する方法
  • 可能な限り多くの車両に対して、できるだけ迅速に高品質データを取得するために収集プロセスを最適化する方法
  • 耐久性エンジニアリングを車両開発プロセスの重要な部分に位置付ける方法 

ゼネラルモーターズの測定エンジニアリーダーのJohn Davisと彼のチームが路面荷重データの収集作業をどのように実施し、魅力的で信頼性の高い長寿命の高品質車両をエンジニアリングするかを説明します。 

ご質問はありますか?