システムシミュレーションと低次元モデリングの手法を使用してシステム性能を素早く検証

オンデマンド・ウェビナー | 33 分

ニューラルネットワーク統合時のシステムとコントロールの検証を加速

低次元モデルのシミュレーション

差別化を図るOEMにとって、市場投入期間は大きな要素です。電動化への流れを受けて、すべての性能属性に課せられた厳格な目標を最速で達成するため、システムの複雑性を管理する必要が出てきました。それには、新しいシミュレーション手法を広範に展開、実装するエンジニアリング部門が関与します。

サブシステムとコントロールを検証するには、統合時の性能レベルを仮想的に評価する必要があります。部品のサイジングで使用してきた詳細モデルでは不十分です。低次元モデルを使用した新しい手法であれば、統合の制約条件にモデルレベルを速やかに適合させ、モデルの活用を加速できます。

シーメンスのエキスパートがお送りするこのウェビナーは、ニューラルネットワークを活用して代理モデルを作成し、システムシミュレーションと組み合わせる方法、統合時にシステムとコントロールを素早く検証する方法を説明します。

低次元モデル手法を使用してシミュレーションモデルの活用を加速

このウェビナーで学べる内容:

  • どのサブシステムの代理モデルに有用性があるかを見極める
  • サブシステムの参照データセットを生成する
  • エンジニア知識を活用して、ニューラルネットワークを学習および検証させて、代理モデル応答を最適化する
  • 適用事例: HVACループと冷却装置を結合させたBEV (バッテリー電気自動車) の熱管理と完全な車両モデル

講演者の略歴:

Thomas Desbarats

事業開発マネージャー, Siemens Digital Industries Software

シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアでSimcenteポートフォリオの熱アプリケーション事業開発マネージャーを務めるThomasは、フランスの1Dアプリケーション・エンジニア・チームで5年以上にわたりマネージャーを務め、テリトリー、鉄道、自動車の市場を中心に活躍してきました。

Realize LIVE and User2User | May 26, 2021 | Virtual

Realize LIVE + User2User – Registration Now Open!

Realize LIVE and User2User – Registration Now Open!

For the first time, the Realize LIVE and User2User (U2U) events are becoming one unified content-rich experience. In the company of your peers from across the Siemens Digital Industries Software portfolio, which now includes Siemens EDA, you’ll enjoy a wealth of training and education, inspiration and insight - keeping you on the leading edge of digital transformation.

ご質問はありますか?