航空宇宙 / 防衛関連のプログラムリスクを抑える6つの方法

オンデマンド・ウェビナー | 53 分

プラットフォームに実装する電気システムのデジタル・ツインを活用して、開発プログラムのリスクを低減

航空宇宙 / 防衛 (A&D) 関連のプログラムリスクを抑える6つの方法

電気システムの問題のために頓挫するプラットフォーム開発プログラムは少なくありません。プラットフォームの性能向上を絶えず求める声とより多くの機能を電気システムで実現する傾向とがあいまって、プラットフォーム開発プログラムの不確実性が高まりつつあります。こうした中、電気集約型のプラットフォームならではの新たなリスクを抑える必要があります。こうしたリスクは実際、プログラムそのものの失敗を招くだけでなく、エンジニアのキャリアを傷つけたり、会社を危機に陥れることすらあるのです。

電気システムのデジタルツインでプログラムのリスクを低減

このプレゼンテーションは、プラットフォームに実装される電気システムを完全に模したデジタル・ツインを活用することで、開発プログラムのリスクをいかに抑えるかがテーマです。プラットフォームの定義から設計、製造、運用と保持までのライフサイクル全体を通じてデジタル・ツインを強化するために、完全に機能する成熟したマルチドメインのデジタルスレッドを採用することの重要性を説明します。加えて、オートメーションと再利用が電気システム実装のリスク低減に果たす役割についても触れるほか、電気システムのデジタル・ツインそのものを妥当性評価に継続的に活用することで、統合とコンプライアンスに関わるリスクがどれくらい抑えられるかについても言及します。

プログラムリスクを緩和することの利点

このアプローチは、電気設計領域全体の生産性を向上させます。コンプライアンスに適合した機能する製品に到達するまでの反復回数 (設計 / 統合 / 製造のすべて) を削減できるため、品質コストも改善します。多くの場合、コストのかかるECO回数の減少も顕著でした。しかし、これらはすべて付随的な利点にすぎません。プログラムのリスクそのものを抑え、期待どおりの結果を達成できれば自動的に得られるものです。

プログラムリスクの低減に関して学べる内容

  • 電気システムのデジタル・スレッドでECOを削減する方法
  • 品質を向上し、持続性を確保するための設計データの活用
  • 統合時のリスクを低減するための継続的な解析

プログラムリスクを抑えたいと考える次の方々に最適です

  • CTO
  • エンジニアリング部門の管理職
  • プログラム管理者
 

Anthony Nicoli

航空宇宙 / 防衛 グローバル・ディレクター, Siemens Digital Industries Software