本文へ移動

リアルタイムのマルチボディシミュレーションを使用して、重機のトランスミッションを検証

オンデマンド・ウェビナー | 42 分

物理パワートレインと3Dシミュレーションモデルを連結し、現実的な動作条件を用いてトランスミッションを試験

マルチボディのリアルタイムシミュレーションを使用して、重機のトランスミッションを解析

ゲストスピーカー: Nohoon Ki氏 (John Deere エンジニアリングマネージャー) 

重機の運転状態には、耐久性、操縦者の快適性、土壌の操作性のバランスが必要です。そのバランスを見極めるため、メーカーは、パワートレインとトラクターのさまざまな組み合わせを非常に短時間で試さなくてはなりません。ラボで開発作業を進めることができれば、シミュレーションと物理テストセルによる通年試験を行い、設計の校正と最適化が可能です。 

このウェビナーでは、シミュレーションに基づいて、重機の構成コンポーネントを開発する方法を紹介します。ダイナモ室でパワートレインの条件をリアルタイム生成し、既存のエンジニアリングモデルを再利用するプロセスをデモ形式でご覧いただきます。まず最初にマルチボディシミュレーションを実行し、統合環境にリアルタイムに結果を出力することで、実際のテスト信号とテストセルでのシミュレーション結果を比較します。

学べる内容: 

  • 3Dシミュレーションは重機の設計にどのように役立つか 
  • マルチボディシミュレーションで、現実的な動作条件に基づくトランスミッション設計を支援 
  • テスト装置のアプリケーションにリアルタイムの3Dモデリングを今すぐ適用