本文へ移動

クローズド・ループ品質システムの手法によって、製品品質を向上させ、市場投入期間を短縮した自動車サプライヤー

オンデマンド・ウェビナー | 26 分

自動車部品サプライヤーがクローズド・ループ品質管理システムを必要とした理由をご紹介します。

Siemens Opcenter Quality、総合的なクローズド・ループ品質ソリューション
Siemens Opcenter Quality、総合的なクローズド・ループ品質ソリューション

自動車部品サプライヤーは、顧客からの品質要求の高度化に伴って、多くの重要な課題に直面しています。

現在の品質システムのアーキテクチャーには、非効率性をもたらす要因がいくつか存在します。例えば、異種混在型の環境に存在する別個のデータソース、品質指標の測定手段の不足、標準プロセスの欠如などです。これらの非効率な状況によって、全体のパフォーマンスが低下し、顧客満足度にも重大な影響を与える恐れがあります。

Siemens Opcenter Qualityは、製品品質の向上と、市場投入期間の短縮を実現するとともに、厳しいコンプライアンス要件も満たすことができる、総合的なクローズド・ループ品質ソリューションです。

ウェビナーを視聴して、シーメンスの品質ソリューションによって、社内全体の品質を変える方法と、欧州、アジア、アメリカの複数の生産拠点の品質をグローバルに管理する大手企業の合理的な品質保証プロセスを学びましょう。

学べる内容:

  • クローズド・ループの品質管理手法の利点
  • 標準の要件の統合と整合化 (FMEAの統一)
  • シーメンスの専門家によるユーザー事例
ご質問はありますか?