未来のクラウド型PLM「Teamcenter X」を、ぜひお試しください!

製品バリエーションの管理と最適化によって製品イノベーションを最適化する戦略

オンデマンド・ウェビナー | 43 分

エンジニアリングと製造の隔たりを埋めることによって、イノベーションを促進し、製品バリエーションを最大限再利用する方法をご覧ください。

多くの製品開発現場では、製品バリエーションの管理が問題になっています。これは、製品の機械 / 電気部品およびソフトウェアコンポーネントが複雑化している現状で特に顕著です。次のように、製品の個別仕様化が進むと製品バリエーションが増加します。

  • 対応するバリエーションが定められている受注仕様生産 (CTO) 製品 
  • 膨大な数のバリエーションと組み合わせを持つ、複雑な製品
  • 注文ごとに新たな部品や設計の変更が必要になる受注設計 (ETO) 製品

このウェビナーではシーメンスの製品ライフサイクル管理 (PLM) ソフトウェアが製品バリエーションにどのように対応しているかをご紹介します。このソフトウェアは、少量の標準製品を開発する場合にも、幅広い内容を顧客に提供するプラットフォームを構築する場合にも、各顧客に特有の要件に合わせた受注設計 (ETO) 製品を設計する場合にも適用できます。

ここで紹介するPLM駆動型ソリューションは、ERPに基づいた製品構成とは対照的に、製品の設計やドキュメントと同じシステムに接続されているため、下流の製造や、サプライヤー、顧客を含む意思決定者に対して、製品の全体像が可視化されます。シーメンスは製品開発と製造全般を支援するTeamcenter部品表 (BOM) および構成管理と、受注仕様生産 (CTO) 製品向けに特化したTeamcenter Product Configurator、そして受注設計 (ETO) 製品向けのRulestreamを提供しています。

ソフトウェアの使用事例や、これがイノベーションの促進と、製品コンポーネントの最大限の再利用にどのように役立つかをご覧ください。