Product DefinitionソフトウェアとMBSE手法で最新自動車開発の複雑性を管理

オンデマンド・ウェビナー | 15 分

製品開発プロセスの早期にパラメータ管理と要件管理を統合

Product DefinitionソフトウェアとMBSE手法で最新自動車開発の複雑性を管理
Product DefinitionソフトウェアとMBSE手法で最新自動車開発の複雑性を管理

自動車メーカーにとっては、優れた自動車を正しく開発できるかどうかが決定的に重要です。しかしこの作業は複雑を極めます。顧客からの要求と政府からの規制に対応するとなればなおさらです。そのため、エンド・ツー・エンドで自動車を定義する手法が欠かせません。

Product Definitionソフトウェアとシステム・エンジニアリングに関するウェビナーを視聴してその方法を学びましょう。業界の課題がもたらす複雑さに対処する上で、統合型モデルベース・システムエンジニアリング (MBSE) 手法がどのように役立つのかが分かります。

MBSEアプローチを使用して、進化を続ける最新自動車の製品定義を容易に管理

製品開発プロセスの概念設計段階を有効に活用しましょう。そのためには、パラメーターと要件を包括的に管理するプロセスと機能/システムモデリング手法を統合させるとともに、複数領域に対応したアーキテクチャーが必要です。統合型モデルベース・システムエンジニアリング (MBSE) 手法は、自動車開発の計画、管理、提供の各段階に変革をもたらします。

複数設計領域の連携に対応した自動車開発プラットフォームを提供するMBSE

Software & Systems Engineeringは、MBSEの中核要素の1つであるProduct Definitionツールを提供します。この結果、全員が同じ理解に立った状態で意思決定を下すことができます。設計した自動車が下流工程でも確実にコンプライアンスを確保することで、正しい車両を毎回、正しいタイミングで出荷できます。

今日の自動車開発の複雑性を管理するためのProduct Definition詳しくはこのウェビナーにご参加ください。

このウェビナーは、複雑な最新自動車を開発している自動車メーカーが市場で勝ち残るために、Software & Systems Engineeringの中心的存在であるProduct Definitionがいかに役立つかを説明します。

統合的なMBSEアプローチを通じて、複数の設計領域を網羅するコラボレーション型環境を実現することにより、自動車業界の将来的な需要に応えるとともに、高度なソフトウェアとエレクトロニクスの増加に対処することができます。シミュレーション技術と統合型デジタル手法を使用して、生産と計画のプロセスを最適化します。

デジタル・トランスフォーメーションの力を享受して、未来の輸送システムを作り上げましょう。