容積式機械の6つの設計課題を克服

オンデマンド・ウェビナー | 43 分

システムシミュレーションを使用して容積式回転機械の設計を最適化

容積式機械で頻繁に発生するのは共鳴、損失、圧力ピークの問題です。軽微な設計の見落としが、性能の限界や安全上のリスクにつながる恐れがあります。構想段階にシステムシミュレーション手法を導入することで、コストのかかる終盤での設計変更を無くし、エネルギー効率の良い高性能の機械を開発できます。

Simcenter Amesimは、システムモデリングとシミュレーションを組み合わせて、容積式ユニット (ポンプ、圧縮機) のあらゆる重要機能の性能を、製品ライフサイクルの初期および全体を通して予測します。このウェブセミナーでは、軸流ポンプとメタン往復動圧縮機を使用する回転機械の完全なダイナミクスをSimcenter Amesimで効率的に解析する方法を紹介します。

ウェブセミナーでは次の方法を学びます。

  • 容積式回転機械を正しくサイジング
  • 流量調節を正しく制御
  • ジオメトリを最適化して、流量/圧力リップルを低減
  • ポンプ/圧縮機の励起と上流/下流コンポーネントの間のモードカップリングの可能性を特定
  • 完全なマルチドメインシステムへのポンプ/圧縮機の統合を解析
  • 性能、エネルギー消費、NVH、安全性、耐久性などのさまざまな属性間の最適なトレードオフを実現