本文へ移動

今後の課題に対処する船舶設計: 船舶設計のパラダイムシフト

オンデマンド・ウェビナー

厳格な環境条件に対応する船舶を設計するには、革新的な思考と従来の設計手法からの転換が必要

規制の強化や顧客からの要求によって、船舶業界は2040年までにカーボン・ニュートラルを目指しています。同時に、ここ数年で市場はますます競争が激化してきました。船舶業界が生き残り、長期的な繁栄を築くためには、新しい革新的な製品やビジネスモデルをかつてない速度で生み出す必要があります。

船舶業界が抱える問題の1つは、従来の船舶設計手法では十分対応できなくなったことです。従来の設計手法は理想的な条件と縮尺モデルに基づいています。

このオンデマンドウェビナーでは、考え抜かれた新しい方法をシミュレーションに取り入れることで、船舶業界の企業がイノベーションを実現し、事業目標を達成できることを紹介します。シミュレーションを使用して設計空間を自動探索することで、企業の生産性が大幅に向上するだけでなく、設計チームがイノベーションに集中できるため、より高性能な船舶を継続的に提供し、競争優位性を保持できます。

このウェビナーでは、シミュレーションをベースにした方法を使って一般商船の初期設計を最適化するやり方をデモで紹介します。設計最適化では、さまざまな運航条件やプロペラ設計を考慮に入れます。

このデモで、シミュレーションベースの初期設計がもたらす実際の結果を紹介し、設計プロセス早期からトレードオフ解析を取り入れる方法をご覧ください。

ご質問はありますか?