本文へ移動

予測型エンジニアリング・ソリューションで機械のエネルギー管理を最適化

オンデマンド・ウェビナー

重機業界の直面する喫緊の課題は、燃費とエネルギー管理です。

Simcenterでデジタル・ツインを実装

エネルギー管理に関して行った意思決定は、重機開発のさまざまな要因 (HVAC、冷却システムなどの燃料消費、排出、パワートレインの選択、熱システムの性能など) に影響を与えます。このため、概念設計の早い段階に、車両レベルでエネルギー管理に関する正しい意思決定を行っておくことが非常に重要です。油圧の最適化、アイドル時間の短縮、機械の電動化、エンジンの最適化、排出ガス規制、熱管理…どこから始めれば良いでしょうか。相互に絡み合うこれらの課題のバランスは、どのようにとれば良いでしょうか。

メーカーは次の点を明確にする必要があります。

  • エネルギー消費の要件と競争をどのように位置付けるのか
  • 設計をさらに改善できる革新的な戦略はあるか
  • 初期設計は要件を満たしているか
  • 設計が成熟しても、燃費の要件を満たしているか
  • ジオメトリを最適化して、燃費をさらに改善できるか
  • 最適化されたコンポーネント設計は、機械の他のシステムにどのような影響を及ぼすか

シーメンスの統合Simcenterポートフォリオ/エンジニアリングサービスを使用すると、設計サイクルのどの段階でも、燃料消費と全体のエネルギー管理を前倒しで最適化できるようになります。