ソフトウェアをクラウドベースで導入する際の課題と機会

オンデマンド・ウェビナー | 24 分

クラウドあるいはクラウドコンピューティングは、オンデマンドでリソースにアクセスする形式でソフトウェアソリューションを管理、導入する方法です。速やかな導入が可能であり、管理工数やサービスプロバイダーとのやり取りも最小限に抑えられます。このウェビナーは、E / E (電気 / 電子) 設計ツールをクラウドベースのソフトウェアとして導入することの利点のほか、それぞれの企業に適したアクセス形態や導入方法を紹介します。

E/E (電気/電子) 設計ツールのクラウド化は、最新のセキュリティ、柔軟性、拡張性を御社にもたらします。

学べる内容:

  • クラウド形式、Software as a Service (SaaS) 形式、サブスクリプション形式の違いと用語
  • 多くの企業がクラウドベースのソフトウェアに移行する理由
  • 性能やセキュリティ面など、移行のメリットとデメリット
  • クラウド化を進める企業に必要な判断