歩行者と同乗者を守る統合型安全性システムの開発

オンデマンド・ウェビナー | 43 分

仮想統合安全性シミュレーションを準備する直感的なプロセスを学ぶ

統合型安全性アプリケーションモデルのSimcenter Madymo Active Humanのシート

統合型安全性システムは、歩行者と同乗者をより確実に保護するため、受動的安全性と能動的安全性を組み合わせたものです。このシステムには多くの可能性がありますが、同時に難しさもあります。安全性システムの複雑化が進み、対処すべき可変条件が増加するにつれ、シミュレーションの準備は非常に骨の折れる時間のかかる作業になってきました。対処を誤ると、ストレスのかかる長引く作業が待っています。このような安全性システムを高精度に調整し、複雑性を解消するには、仮想の統合安全性シミュレーションが必要です。

このウェビナーは、統合型安全性アプリケーションを紹介するとともに、いかにして時間短縮を図り、シミュレーションを改善してユーザー入力エラーを減らすかについて説明します。

なぜ今なのか。

今日、自動車の安全性試験プロトコルは、受動的安全性システムと能動的安全性システムに別々の要件が課せられていますが、統合的な安全性システムが歩行者と同乗者の両方の安全を高めることが明らかになってきました。EUの定める一般安全規則 (General Safety Regulation) は、2022年までに車線逸脱警報、ドライバーの眠気検知、高度緊急ブレーキシステムの実装を義務化しており、このことからも規制当局がより包括的なシステムを求めていることが見てとれます。

歩行者と同乗者の安全を守る統合型安全性システム開発に関するこのウェビナーの内容

  • 統合型安全性システムの概要
  • 統合安全性アプリケーションSimcenter Madymoの紹介
    • Simcenter Madymoを使うべき理由
    • Simcenter Madymoの使用方法
    • Simcenter Madymoの主要機能
    • Simcenter Madymoで時間を削減し、効率化する方法

このウェビナーの対象者

Simcenter MadymoやSimcenterの安全性アプリケーションを現在使用している、またはこれから導入を検討している安全設計エンジニアと設計者の方々に最適です。

自動運転車の次世代安全システムの開発

自動運転車、シャトル、バス、ポッドの開発にあたっては、新しい車両安全システムの設計を視野に入れなければなりません。自動運転車向けのシート位置では、従来の安全性システムが正しく機能しないため、システムを再設計して同乗者の安全を確保できないと深刻な危険を招きます。

シーメンスは、自動運転車の次世代安全システム設計に役立つソリューションを提供します。衝突時には、何十万ものシナリオに対するシミュレーションに基づいて検証済みの安全システムが頼りです。同乗者がシート位置を変えたときの影響をシミュレーションで解析し、仮想環境を使用して最適化します。高速で高精度のシミュレーションを通じて衝突時の同乗者と歩行者が負傷リスクを予測できるため、市場投入期間とコストを削減します。