自動車 / 輸送機器業界の次世代設計

オンデマンド・ウェビナー | 42 分

変わり続ける自動車業界向けにシーメンスが提供する次世代設計ツールについて学べます。

日産は、電気自動車「リーフ」をはじめとする高機能自動車の設計にNXを使用しています。
日産は、電気自動車「リーフ」をはじめとする高機能自動車の設計にNXを使用しています。

自動車業界はかつてない速度で変わり続けています。電動化、コネクテッドカー、自動運転、車体の軽量化といった流れについていくためには、従来の設計手法では通用しません。世界経済の先行きが不透明さを増し、新たな規制が次々と生まれるなか、市場の変化に素早く対応できるかどうかが非常に重要です。お使いの自動車 / 車載コンポーネント設計ツールはこうした変化に対応できますか?

次世代の設計ソリューションが必要です。 

このウェビナーでは、インテリジェントなエンジニアリング手法で未来のニーズに対応する方法を紹介します。学べる内容

  • 高度な設計 / 製造手法を使用して、重量とコストを同時に削減する方法
  • 電気設計と機械設計を統合した設計ソリューションでコネクテッドカー、電気自動車、自動運転車の設計を合理化する方法
  • シミュレーションと検証の統合ツールを使用して、初期段階に設計のトレードオフを検討して設計を改善する方法

シーメンスは、真に統合された唯一のエンドツーエンド設計 / エンジニアリング・プラットフォームを提供します。 

Thomas Spangler

NXシニア・マーケティング・マネージャー, Siemens Digital Industries Software

Tom Spanglerは、CAD/PLMの分野で25年以上の経験があります。そのうちの15年は、自動車OEMとサプライヤー両方の立場から、設計、IT、データ管理に携わってきました。2006年にMBA (経営学修士号) を修めた後、2008年、マーケティング・マネージャーとしてシーメンスに入社しました。シーメンスでは、いくつもの製品の立ち上げ、マーケティングキャンペーンをはじめとする多くのプロジェクトに参画し、貢献しています。