複数設計領域を統合するデジタル・スレッド

オンデマンド・ウェビナー | 34 分

複数領域間のデジタル・スレッド統合とデータ交換

複数の設計領域の統合
複数の設計領域の統合

設計フローのデジタル連携には、各領域に対応した形式でデータを提供できるようにするため、複数設計領域を相互に接続する必要があります。また同時に、PLMシステム経由でデータをやり取りし、管理された方法で企業データにエンジニアがアクセスできるようにしなければなりません。システムの機能定義からEDS設計までの設計プロセス、ハーネス製造プロセス、技術文書発行プロセスまでの多岐にわたる段階でデータ連携は発生します。こちらのオンデマンド・ウェビナーは、設計フロー内の統合ポイントを確認したうえで、デジタル・スレッドを維持する方法を説明します。また、そのほかのユースケースを紹介するとともに、Capitalの統合機能の全体像を示します。

学べる内容

  • 電気設計のデータとプロセスを管理する完全ソリューション
  • ECAD/MCAD協調設計が品質向上と設計時間の短縮につながる理由
  • NXとTeamcenterの統合によって、複数設計領域間のデータ交換とデジタル・スレッドを実現する仕組み

対象者

  • 電気システムの設計者およびエンジニア
  • 技術部門の管理職
  • EDSエンジニア
  • 機械CADのエンジニアおよび管理職
  • PLMスペシャリスト