本文へ移動

よいデザインを素晴らしいデザインに、何百ものデザインをCFDでシミュレーションすることから生まれるイノベーション

オンデマンド・ウェビナー | 42 分

製品設計のためのエンジニアリングシミュレーションを使った自動化と設計探索

HPはHP Multi Jet Fusion 5200 3Dプリンターの質量流量を、Simcenter STAR-CCM+の設計探索によって22%改善させました。
HPはHP Multi Jet Fusion 5200 3Dプリンターの質量流量を、Simcenter STAR-CCM+の設計探索によって22%改善させました。

競争力を維持するために、今日のエンジニアは設計のトレードオフを数千とは言わないまでも数百件は検討しています。最終製品への反映に間に合わせるために、それを開発プロセスの初期段階で行っています。

お使いのシミュレーションツールは、数百回のシミュレーションを処理できますか?設計領域全体を探索せずに済ませることは許されますか?設計されたのは本当に可能な限り最適なデザインだったのでしょうか?

このウェビナーは、4部構成シリーズの第2部で、Simcenter STAR-CCM+を導入すると、自動化された設計探査と最適化をすべてのシミュレーションエンジニアが利用できるようになり、単一シナリオのシミュレーションは過去のものになることをご紹介しています。ロバストな自動化ワークフローとシミュレーションテンプレート機能によって、単純なシミュレーションタスクに使う時間が減り、さまざまなデザインのトレードオフの影響を評価することに時間をより多く使えるので、よい製品を素晴らしい製品に変えることができるのです。

学べる内容:

  • ロバストで再現可能なシミュレーションワークフローにより、結果の一貫性を保ち、シミュレーション回数を増やす
  • ツールの設計探索機能を使って、何百ものデザインを解析し、製品パフォーマンスを向上させる
  • 先進的なデータ解析機能によって、多数のデータセットから多くの情報を効率よく取得する

スピーカー:

Matt Godo

テクニカル製品管理シニアマネージャー, Siemens Digital Industries Software