次世代船舶のためのマルチドメイン設計

オンデマンド・ウェビナー | 39 分

包括的なデジタル・ツインで船舶設計を効率化

デジタル・ツインの船舶が浮かぶ - 船舶設計バリエーションを包括的なデジタル・ツインで管理
船舶設計バリエーションを包括的なデジタル・ツインで管理

このセッションでは、包括的なデジタル・ツインを活用した一元的なコラボレーション環境で船舶の機械、電気、ソフトウェアの機能を管理する方法を論じます。デジタル・ツインを信頼できる唯一のデータソースとすることで、複数の設計チームとサプライヤーが常に最新の設計データに確実にアクセスできるため、より良い連携を得られ、プロセスがエンドツーエンドで最適化されます。

船舶設計バリエーションを包括的なデジタル・ツインで管理

サイロ化されて分断されたアプローチを協調的なアプローチに移行船舶デジタル・ツインをマスターモデルとすることで、船舶設計プロセスを通してすべてのデータを繋ぎます。このマスターモデルには以下のデータを含みます。

  • CADデータ (一般配置図、構造設計図、船舶システム図など)
  • 電気システム
  • ソフトウェアとオートメーション

船舶の構成済みデータはすべて、一元化された統合BOMからのみ取り込まれます。このBOMは、設計データを格納するだけにとどまらず、本番環境や稼働環境で使用されるデータを下流工程に流す役割も担っています。

産業事例

シーメンスの顧客の今日の姿とデジタルフローの将来のあり方を学びます。