先進的な生産 / 工作機械エンジニアリング: 複数領域横断型の設計フローで最も包括的なデジタル・ツインを構築

オンデマンド・ウェビナー | 40 分

複数領域横断型の設計フローで最も包括的なデジタル・ツインを構築します。

 マルチドメイン設計
マルチドメイン設計

先進的な生産 / 工作機械エンジニアリングは、デジタル・スレッドを取り入れたエンジニアリング手法であり、複雑化の進む機械装置を迅速に開発すると同時に、開発、生産、運用にかかるコストを削減します。産業機械メーカーが直面している複雑化という課題を競争優位性へと変貌させます。このウェビナーでは、産業機械メーカーの課題である複雑化にいかに対処するか、複数領域横断型の設計フロー (マルチドメイン設計) を生かして、設計と製造の両方を効率化するにはどうすべきかを考えます。

コラボレーション可能な設計フレームワークを使用して最も包括的なデジタル・ツインを構築

最新の製造 / 組み立て用機械を高い水準で設計、検証、管理しつつ、同時にコストも最適化することは途方もない作業です。先進的な生産 / 工作機械エンジニアリングは、デジタル・ツインの作成と複数領域間のコラボレーションを組み合わせることで、生産 / 工作機械を完全なソリューションスイートとして開発する手法です。産業機械は、複数の設計領域 (機械設計、電気設計、流体設計) が関与するため、領域間を行き来するプロセスに対応した、信頼できる唯一の情報源が必要です。

激化する今日の競争を勝ち抜くための効率的な機械設計ソフトウェア

機械メーカーは、複数領域横断型の設計アプローチによって製造を効率化しています。複数の設計領域をまたぐ最適化とは、産業機械を製作する複雑さを、設計エンジニアリング部分と製造部分を含めて評価することであり、統合的なソリューションを意味します。これにより、各領域がサイロ化していた時代には存在しなかった調和が生み出され、シミュレーションがより進化していきます。

先進的な生産 / 工作機械エンジニアリングを使用して高度な産業機械を開発

変化を強く推進し、効率を飛躍的に高めるための技術とツールはすでに整っています。これを導入することで機械メーカーは市場投入期間を短縮し、真の競争優位性を得ることができます。

先進的な生産 / 工作機械エンジニアリングによる複数領域横断型設計フローを通じて最も包括的なデジタル・ツインを構築することで、いかにしてイノベーションを起こし、設計と製造のあらゆる領域を改善するかを、この無料ウェビナーでぜひご確認ください。