モデルベース・システムエンジニアリング (MBSE) で、今日の自動車 / 車両開発の複雑さを制御

オンデマンド・ウェビナー | 22 分

モデルベース・システムエンジニアリング手法で自動車を設計 / 開発

モデルベース・システムエンジニアリング (MBSE) ソフトウェアを使って開発した未来の自動車
モデルベース・システムエンジニアリング (MBSE) ソフトウェアを使って開発した未来の自動車

適応しなければ、時代遅れになるリスクがあります。消費者が持続可能な自動運転車やコネクテッドカーを求めるなか、課題は山積しています。電動化への圧力が増し、より環境に優しい車両への需要が高まっています。消費者は、さらに接続性を高めたコネクテッドカーや高いレベルの自動化を実現した自動運転車を求めます。こうした複雑な業界で成功するために自動車メーカーは、革新的な車両の開発に役立つ知識とソリューションを必要としています。

Software & Systems Engineeringのウェビナーを視聴すれば、その方法を学べます。業界の課題がもたらす複雑さに対処する上で、統合型モデルベース・システムエンジニアリング (MBSE) 手法がどのように役立つのかが分かります。

MBSEを使用して、車両開発の要件と規制を管理

持続可能性の実現への圧力が強まっています。消費者はより環境に優しい車両を求めています。世界では、内燃機関 (ICE) の段階的廃止を計画する国も増えています。ICEから電気推進システムへの移行は、従来の自動車産業に劇的な変化をもたらしました。2040年までに、販売される乗用車の半分以上が電気自動車になると見込まれています。持続可能性への需要が高まるなか、一歩先を行きたいなら自動車メーカーも適応しなければなりません。

統合型MBSE手法を導入してこれらのニーズを満たす必要があります。統合型MBSE手法は、顧客や政府が求める持続可能な車両の開発に役立ちます。

ADAS / 自動運転車開発の複雑さはシーメンスのソフトウェアで制御できます。

消費者はコネクテッドカーを求め、ADASや自動運転車がもたらすメリットにも関心を寄せています。こうしたニーズに対応するソフトウェアは、車両の最も重要な要素となりつつあります。車両にソフトウェアを実装することで、車両の開発はこれまでになく複雑化してきました。こうした状況下で、需要を満たす機会が開かれる一方、新たな競争が生まれています。新興企業からテクノロジー大手まで、テクノロジープレーヤーは皆、未来の輸送を実現するために戦っています。この戦いに勝つには、MBSEの原則に基づいた手法が不可欠です。

MBSEで競争力を強化 – ウェビナーに参加して詳細をご覧ください。

自動車メーカーは、Software & Systems Engineeringを活用して今日の複雑な車両を高速で開発し、業界をリードすることができます。シーメンスの統合型モデルベース・システムエンジニアリング (MBSE) 手法は、次の5つの柱に基づいています。製品定義、コネクテッドエンジニアリング、製品検証、品質エンジニアリング、統合型プログラム計画

このウェビナーで学べる内容

  • 複数領域にまたがるコラボレーション型環境を実現することにより、持続可能性の需要に応え、自動車に搭載されるソフトウェアの複雑化と電子機器の増加に対応します。 
  • シミュレーション技術と統合型デジタル手法を使用して、生産と計画のプロセスを最適化します。
  • デジタル・トランスフォーメーションを通じて今日の車両をより速く、より高品質に開発し、運転を変革する変化をもたらします。
ご質問はありますか?