本文へ移動

モデルベースのシステムエンジニアリングによって、航空宇宙 / 防衛業界のデジタル・エンジニアリングを革新

オンデマンド・ウェビナー | 60 分

オンデマンドウェビナー

モデルベースのシステムエンジニアリング

航空宇宙 / 防衛業界のシステムエンジニアリングにはいくつもの課題があります。具体的には、ドキュメント主体のシステム管理、システムとサプライヤーとの複雑な連携、法令規制への準拠などです。技術的な開発プログラムにシステムモデリングを取り入れることで次のことが可能です。

  • 製品アーキテクチャーと要件を定義
  • 設計領域の探索
  • インターフェースの設計
  • 統合の管理
  • 仮想試験
  • 製品の要件遵守を検証

デジタル・エンジニアリングをテーマにFlightGlobalがお送りするこちらのウェビナーで学べる内容

デジタルエンジニアリングを導入することで、航空宇宙 / 防衛業界は設計チーム間の連携を促し、生産性を高める最も効率的な機能を手にすることができます。

デジタルエンジニアリング技術を使用する主な利点:

FlightGlobal主催のウェビナーで紹介する記事によると、デジタルエンジニアリングとデジタル製造は、航空宇宙製品の開発プロセスに革新をもたらし、最大で30%のコスト削減につながるといわれています。専門家によるセッションを視聴して、その方法をぜひ学んでください。

業界の専門家が航空宇宙業界のデジタルエンジニアリングとモデルベースのシステムエンジニアリングを紹介

  • シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェア 航空宇宙/防衛産業担当バイスプレジデント Dale Tutt
  • BAE Systems 製造技術ディレクターAndy Schofield氏
  • ボーイング上級ディレクター / T-7A主席エンジニアPaul Niewald氏