本文へ移動

モデルベース・システムズ・エンジニアリングの基礎とは

オンデマンド・ウェビナー | 40 分

モデルベース・システムズ・エンジニアリングを支える基礎理論。MBSEのメソドロジーを確立し、システムの複雑化に対応する方法を学びます。

システムがますます複雑になる中で、新たな開発手法を導入し、コストや、時間、品質を管理することが求められています。従来のドキュメントを中心にした、テストベースの手法では、現在の多分野分散型システム開発にそぐわなくなってきました。モデルベース・システムズ・エンジニアリング (MBSE) は、モデル中心の前倒ししたエンジニアリング・メソドロジーによって、このような複雑化に対応するものです。

今回のオンデマンド・ウェビナーは、モデルベース・システムズ・エンジニアリングの基本概念と、組織にとっての利点、および代表的なユースケースについて紹介します。

予測的エンジニアリングにSimcenterTMのポートフォリオを利用した、モデルベース・システムズ・エンジニアリングを確立するためのベストプラクティスを学べます。どのツールやメソドロジーを導入するのが適切か、具体的に理解できます。

次のトピックについて説明します。

  • 産業におけるシステム・エンジニアリングの背景と現在の状況
  • モデルベース・システムズ・エンジニアリングの基礎
  • モデル中心手法の重要性とその利点
  • 弊社のお客様がこれらの手法を、自社の環境、目的、および固有の条件に合わせてどのように適用されているかの例
ご質問はありますか?