車両の音シミュレーター技術を使用して、試作品の入手前に音知覚を理解

オンデマンド・ウェビナー | 47 分

設計中の製品が発するであろう音を聞くことで音知覚を評価し、試作品の入手前に最適なアーキテクチャを選択します。

自動車の音シミュレーターを使用して、主観的な音知覚を評価しているエンジニア
自動車の音シミュレーターを使用して、主観的な音知覚を評価しているエンジニア

仮想車両アセンブリを使用すると、自動車の音を認知し、試作前に複数の設計案を評価できるため、開発の初期段階から主観的な音評価を進められます。

ハイブリッド電気自動車の登場を受けて、あらゆる音源の発する振動・騒音の複雑な影響を制御することがこれまで以上に重要になってきました。例えば、ロードノイズや風切り音を考慮する必要があります。振動・騒音に対する主観的および客観的な評価が正しく行われないと、ユーザー体験全般にリスクが生じかねません。

このウェビナーでは、車両の音シミュレーターを使用して、主観的な振動・騒音評価を早期に行う方法を説明します。それにより、早い段階から音知覚を理解し、競合する複数の性能パラメーターのバランスを取る理想的な制御戦略を特定できます。

初期段階の主観的な音評価で競争優位性を獲得

主観的な音評価のフロントローディング (前倒し) は、ドライバーが感じる振動・騒音の改善につながります。このウェビナーでは、車両の音シミュレーターを以下の領域に生かす方法を学べます。

  • サブシステムレベルで音知覚に対処し、有意性のある振動・騒音目標を設定
  • 最終的な自動車組み立て前に主観的な音評価を実施
  • 主観的な騒音に対する制御代替案の影響を評価
  • 運転のしやすさと主観的な騒音・振動性能の関連性を評価

音知覚を設計早期に評価する技術

自動車の振動・騒音設計エンジニアは、複数のサブシステムやコンポーネントに対して最適な目標を設定する拡張可能な手法を用いて、最適な音質を達成しています。最終的に目指しているのは、第一級のドライバー体験につながる快適な音質を保証することです。

システムの振動・騒音性能を予測する別の技術にバーチャル・プロトタイピングがあります。コンポーネントの潜在的な振動・騒音問題を早期に検出することで、高コストの試作機を作り込む前にシステム設計を最適化します。

一方、制御戦略の役割も忘れてはなりません。制御戦略は、自動車の振動・騒音属性とその他の属性の間の最適なバランスを見つけ出すためのものです。

全体的な運転動作と振動・騒音属性を真に関連付ける自動車音シミュレーターには、リアルタイムの景観シミュレーション機能、振動・騒音解析ソフトウェア、ドライバーの体験を再現するハードウェアが含まれています。

こうした技術を組み合わせることで、設計中の製品が発するであろう音の知覚を評価し、試作品の入手前に最適なアーキテクチャを選択します。