本文へ移動

シミュレーションの高速化とリアリティの向上: 造船CFDの最新の進歩

オンデマンド・ウェビナー

造船CFDシミュレーションの時間を数日から数時間に短縮する方法

複雑な流体力学の相互作用を正確に捉えつつ、シミュレーション時間を短縮

CFD、特に流体力学シミュレーションは、船舶の設計目標を達成し、複雑な操作シナリオで現実的な性能を予測するための鍵となっています。ただし、モデルのサイズや必要な物理特性の複雑さによっては、シミュレーション時間が長くなる可能性があります。

現在では、設計用シミュレーションの新たな進歩によって、生産性の大幅な向上が可能となっています。設定時間の短縮、メッシュ方法の高速化、自動化された設計スイープのすべてが、CFDプロセスに利用可能で、シミュレーション時間を数日から数時間に短縮します。このような技術を最新のマルチフィジックスおよびモーションモデルと組み合わせることで、複雑なシナリオを速やかに解析し、代替設計の可能性を検討することができます。このウェビナーではベスト・プラクティスと事例の両方を紹介しますので、これらの技術を日々の作業にすぐに応用していただくことができます。

学べる内容:

  • テンプレートを使用して、セットアップ時間を数時間から数分に短縮する方法
  • メッシュサイズを小さくして対象物の特徴を捉える、新たな自動メッシュ・テンプレートの改良方法
  • 複雑なマルチフィジックス解析事例を、数日ではなく数時間で完了できる方法