ハーネスの製造: プレッシャーにさらされるなかで収益性を確保する

オンデマンド・ウェビナー | 28 分

ハーネス製造の収益性を高める方法を学ぶ

モデルベースのハーネス製造エンジニアリングソリューションが製造の収益性をいかに確保し、改善するかを学ぶ
モデルベースのハーネス製造エンジニアリングソリューションが製造の収益性をいかに確保し、改善するかを学ぶ

コストと時間が削られるなか、プラットフォーム電装システムのコンポーネント製造に課題が突きつけられています。プラットフォームの電装ハーネス、いわゆる電気配線の相互接続系統 (EWIS) ほど時間とコストのプレッシャーのかかるコンポーネントはありません。このウェビナーでは、モデルベースのハーネス製造エンジニアリングソリューションが製造収益性を維持または改善する方法を学びます。製造エンジニアリングを加速し、エラーを削減し、工数を抑えるデジタル・ツインを導入することで、製造企業は直面する変化に巧みに対応できます。その結果、生産性の向上、廃棄の削減、最終的には高い収益性を実現します。

データを競争優位性に変える

  • ハーネス製造の動向とメーカーが直面している課題を理解し、収益目標の達成を阻む要因を探る
  • ハーネスメーカーの設計・製造チームにメリットをもたらすモデルベースE/Eシステム開発環境を理解する
  • 必要な投資を進めることでオペレーションがどのように改善されるのかを深く学ぶ

本ウェビナーは次の方にお勧めです。

  • ハーネスエンジニアリングの管理職
  • ハーネス製造プロジェクトのリーダー
  • ハーネスメーカーの営業担当者