本文へ移動

製造製品品質の卓越化: FDAとエドワーズライフサイエンスのコラボレーション

オンデマンド・ウェビナー | 75 分

FDA(米国食品医薬品局)の品質プログラムが今後の医療機器規制対応にどのような変化をもたらすのかご覧ください。

講演者: Jason Spiegler (シーメンスPLMソフトウェア、インダストリーポートフォリオ開発、シニアディレクター) モデレーター: Francisco (Cisco) Vicenty氏 (FDA、CfQ: Case for Qualityプログラムマネージャー)、Robert Becker氏 (エドワーズライフサイエンス、オフィス・オブ・コンプライアンス、品質シニアマネージャー)

FDAのパイロットプログラム「Voluntary Medical Device Manufacturing and Product Quality」に参加したエドワーズライフサイエンスが、FDAとコラボレーションするメリットを説明します。デジタライゼーションがエドワーズライフサイエンスの業務のあり方をどのように変えたのか、そしてそれが品質と効率の向上にどのような影響を与えたのかをご覧ください。

トピック:

  • 製品品質卓越化の必要性(0:04:30)
  • FDAとのコラボレーションの重要性(0:21:09)
  • 未来はここにある: なぜデジタル製造技術を注視すべきなのか(0:34:19)
  • 最新の製造実行システム(MES)の威力(0:50:29)
  • 質問と回答(1:02:43)