産業機械の複雑な製品構成の管理を容易にする最先端の部品表 (BOM) 統合管理

オンデマンド・ウェビナー | 44 分

統合型BOM管理手法を使用して、生産 / 工作機械の完全な製品構成を管理

複雑な製品構成を管理する多視点BOM
複雑な製品構成を管理する多視点BOM

カスタマイズを求める消費者の増加を受け、機械メーカーは複雑性、柔軟性、機能性の高い機械を提供するよう求められています。こうした複雑で動的な環境を生き抜くためには、製造プロセスに関わるすべてのチーム間の連携と透明性を確保する統合型BOM管理アプローチが必要です。

このウェビナーを視聴して、多視点的なBOM手法で製品性能を最適化する方法を学びましょう。

複雑で動的な環境を生き抜く唯一の手段は、一貫した成功指標に基づいた多視点的なBOM管理アプローチしかありません。このウェビナーでは、高度な生産 / 工作機械設計ソリューションが多視点的なBOMアプローチをいかに支援し、機械メーカーに次の利点を提供するかを説明します。

  • 効率的な構成管理システム
  • 複数領域横断型の設計を最も包括的なデジタル・ツインに接続
  • 機械のあらゆる細部まで、シミュレーション、テスト、修正できるバーチャル・コミッショニング

多視点的なBOM手法でコンプライアンスの遵守、品質の向上、開発の加速

今日の機械に付属する大量の情報を追跡、把握することは、非常に困難です。また、顧客の求めるスマートでつながる機械を提供できるだけの情報が整っていなければなりません。先進的な生産  /  工作機械エンジニアリング・ソリューションは、デジタル・スレッド手法を取り入れたエンジニアリングで、未来の機械設計への道を開きます。

生産 / 工作機械業界における競争力の維持に多視点的なBOMが有効である理由を学ぶ

先進的な生産 / 工作機械エンジニアリング・ソリューションを紹介するこちらのウェビナーを視聴すると、仮想的な多視点的BOM手法がどのように早期の妥当性評価と検証を提供するか、機械装置の設計・製造をあらゆる面で改善するかを学べます。