本文へ移動

マシンショップの自動化で今すぐ優位性を確保

オンデマンド・ウェビナー | 40 分

シーメンスのNXソフトウェアを使用して部品製造を自動化する方法

調査対象となったマシンショップの56%が最も重要な目標として掲げる納期の短縮。その実現には自動化が鍵であることをご存じでしたか?

競争力を維持するには、NCプログラミングなど個々のタスクを自動化するだけでは不十分で、部品製造全体をエンド・ツー・エンドでデジタル化することが、効果的な自動化には必須です。

このウェビナーでは、デジタル製造向けのシーメンスのソリューションが、次に挙げるような新たなレベルの自動化をどのように実現させるかを紹介します。

  • 各マシンショップに合ったレベルで自動化
  • CAM固有プログラミングの自動化
    • ボリューム・ベースのプログラミング
    • フィーチャベース加工
    • ナレッジの取り込みと再利用
  • 高性能ロボット、産業3Dプリンター、CMMの制御
  • 全自動化の可能性

このウェビナーでは、CAD、CAM、CMM、ロボティクス、アディティブ・マニュファクチャリング向けのシーメンスNXソフトウェアを使って自動化することで、競争力を維持できることを紹介します。


プレゼンター: Vynce Paradise

Vynce Paradiseは、金型加工ソフトウェアNX CAMの製品開発チームを率いています。また、シーメンスPLMソフトウェアで多軸3DプリンティングとCAMロボットプロジェクトの開発も指揮してきました。CAD/CAMソフトウェア業界で幅広い経験を持ち、米国カリフォルニア州サイプレスを拠点としています。


「NXを活用した自動化と継続的な改良によって、最高品質の金型を納期どおりに出荷するという評判を築くことができたのです。競争力を維持し、事業をさらに成長させる秘訣はNXです。」
JK Machining 社長 Henry Kalkman氏