本文へ移動

生産 / 工作機械の効率性と生産能力を高める方法

オンデマンド・ウェビナー | 42 分

このウェビナーは、機械の効率性と生産能力を高めるという観点からシステム・シミュレーションの原理と仕組みを説明します。システム・シミュレーションは、開発サイクル早期に機械性能を評価することで、あらゆる性能属性、エネルギー効率、生産レートのバランスを見極め、最良のトレードオフを導きます。

機械の効率性と生産能力を高める方法をコンピューターで検討している女性

生産 / 工作機械の生産性向上のためにモデルベース・システム・エンジニアリング・ツールを活用する主な利点

  • 生産性とエネルギー効率の改善
  • マルチフィジックスシステムと制御戦略の協調開発を加速
  • 拡張型エンタープライズ全体でサブシステムモデルとデータを容易に共有

機械の最適な生産性に影響を与えるパフォーマンス属性

  • 機械の生産性: 製造コストを削減しながら、生産量を最大にする
  • 精度: 不良率を抑制する
  • 信頼性: 稼働時間を最大にする
  • 効率性: エネルギーのコストを削減し、現地の環境規制を順守する

このウェビナーで紹介するモデルベース設計のトレーニング内容

  • 生産 / 工作機械に用いる電気モーターの寸法定義
  • CADデータからはじめる3D機械シミュレーション
  • パフォーマンス要件の一定の評価に必要な速度とトルクの計算方法
  • 電気モーターの仮想統合、パフォーマンス / 精度 / エネルギー消費をチェックする動作プロファイルのシミュレーション

モデルベースのシステムエンジニアリング (MBSE) 担当スピーカー:

Lionel Broglia – システム・シミュレーション担当ビジネス開発マネージャー
1999年より複数領域のシステムシミュレーションに関わり、技術セールス、アカウントマネージャー、技術マーケティング、製品マネージャーなどを歴任し、現在はビジネス開発マネージャーを務める。