本文へ移動

仮想工場受入試験に向けた機械メーカーの強化

オンデマンド・ウェビナー | 47 分

製造企業は仮想工場受入試験を行うため、機械メーカーにデジタル・ツインを要求することが増えています。シーメンスの革新的なテクノロジーを採用することで、機械メーカーはこの要求に十二分に答えることができます。

コストを削減して市場投入期間を短縮し、何層にも重なる複雑性とデータを機械設計に活用
コストを削減して市場投入期間を短縮し、何層にも重なる複雑性とデータを機械設計に活用

機械設計のための包括的なデジタル・ツインソリューションとバーチャル・コミッショニング

シーメンスNXの包括的なデジタル・ツインソリューションとバーチャル・コミッショニングにより、企業はコストを削減して市場投入期間を短縮し、何層にも重なる複雑性とデータを機械設計に活用できます。具体的には、機械の3D CADモデルを作成し、仮想PLC制御のシミュレーションで現実の機械の挙動を解析します。機械、電気、自動化のエンジニアは、これらのツールを活用して協働し、初回の製造から高い品質を実現することができます。

このオンデマンド・ウェビナーでは、次の内容を学びます。

  • 仮想世界でエラーを特定して修正し、機械の品質を向上
  • 設置や操作を始める前にオペレーターをトレーニング
  • 機械のデジタル・ツインを提供することで、カスタマー・エクスペリエンスを向上
  • 一連の操作を検証して、潜在的な機械の損傷を回避
  • 仮想工場受入試験の要素を学ぶ

このオンデマンド・ウェビナーの対象者

このウェビナーは、仮想工場のアプローチを使って機械の品質と出力を向上させたい機械メーカーの方々にお勧めです。

スピーカー:

Scott Felber

NX設計製品マーケティング担当マネージャー, Siemens Digital Industries Software

スコット・フェルバーは、シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアのNX製品のエンジニアリングソフトウェア・マーケティングマネージャーです。スコットの主要業務は、NX for Designをはじめとするシーメンスのソフトウェア製品を、お使いの工程に導入する利点とその方法をお客様にお伝えすることです。さらにスコットは、Teamcenter、Process Automation、および上流 / 下流の設計データ使用におけるNXの活用も進めています。お客様と協力し、無駄な作業を特定して排除することで、事業と工程を革新する計画の策定を支援しています。

Colm Gavin

ポートフォリオ開発マネージャー, Siemens Digital Industries Software

コルム・ ギャビンは、シーメンスに勤続19年です。現在は、シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェア・グループによる機械 / ラインメーカー向けデジタライゼーションのプロモーションを統括しています。ディスクリート製造における自身の経験を生かし、企業がインダストリー4.0のイノベーションを最大限に活用できるよう支援しています。

ご質問はありますか?