最適なエネルギー管理戦略で電気自動車のイノベーションを促進

オンデマンド・ウェビナー

シミュレーションで車両電化のエンジニアリングを加速

ゲストスピーカー: The Lion Electric Co.

最大航続距離と最適な性能を発揮する電気パワートレインの設計は、関連するシステムの複雑さを考えると、難しい課題です。最大航続距離、パワー、運転しやすさ、快適性、安全性といった指定の要件基準を満たしたxEVアーキテクチャおよび車両を実現するには、サブシステム間の関わりを理解することが非常に重要です。設計の早い段階でバッテリー、電気モーター、インバーター、ジェネレーターを他のすべての車両サブシステムと統合することにより、広範囲のエネルギー分布を把握して、属性のバランスを最適化することができます。市場投入期間と開発コストを制御するには、あらゆるEV/HEV構成の性能を仮想的に調査できることが不可欠です。

このオンラインセミナーでは、シミュレーションを実行してxEV車の最適な熱管理とエネルギー管理を迅速に検証する方法を説明します。ゲストスピーカーであるLion ElectricのBruno Pillon氏は、同社がシミュレーション・ソリューションを使ったことで、設計コンセプトから性能検証までのサイクルタイムを削減し、最終的に電気スクールバス市場における前衛的な地位を保てた経緯を紹介します。このオンラインセミナーでは、最適な手法を選択し、Maya HTTのような専門技術パートナーと連携することで、システムを統合しながら重要なコンポーネントやサブシステム、さらに性能を仮想的に探索および検証し、最大航続距離、運転しやすさ、性能の目標値を満たすと同時に物理テストとコストを削減する方法について考察しています。