ローコード開発の導入例

オンデマンド・ウェビナー | 37 分

ローコード開発によって、組織のデジタライゼーションへの取り組みを支援する方法を学びましょう。

ローコードの導入例
Mendixのローコード開発を使って、デジタル・トランスフォーメーション導入を推進する方法を学びましょう。

破壊的技術の誕生と、高まる競争圧力によって、企業はビジネスのやり方の変更と、デジタル・トランスフォーメーションの採用を迫られています。ところが、多くの企業が次のような共通の課題に直面しています。

  • ソリューションへの要求に対して、ソリューションを提供できるスキルを持った人材の数が足りない。IT部門のリーダーの77%と、事業部門のリーダーの71%が、IT部門には大量に新規の要求が寄せられているが、まだ構築できていないと考えている。*
  • 従来の開発手法には事業的な視点が欠けていて、ソリューション提供後の事業部門のニーズを満たせていない。
  • 事業部門に適切なサポートがなかったために、正式に許可されていないSaaSアプリケーションやツールを利用し、それをIT部門が把握していない。

ローコード開発によって、企業がアプリケーションを構築、導入、そして管理する方法が根本から変わり、デジタライゼーションで目指すゴールへ到達できるようになります。このような課題に企業がどのように対応しているかを紹介したウェビナーにご参加ください。

*出典: Digital Disconnect: A Study of Business and IT Alignment in 2019 (デジタルの分断: 2019年における事業部門とIT部門の整合性)

Bill Boswell

クラウドマーケティング担当バイスプレジデント, Siemens Digital Industries Software

Bill Boswellはシーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアのクラウド対応ソリューションであるMindSphereモノのインターネット (IoT) 事業や、産業向けMendixなどのグローバルマーケティングを統括しています。それ以前は、シーメンスPLMソフトウェアでクラウドサービスのマーケティングと事業戦略を担当するシニアディレクターとして、製品パフォーマンスを高度に管理するOmneo SaaS (Software as a Service) ソリューションなど、クラウド上のPLMおよびビッグデータ解析ソリューションに注力していました。

Dina Durutlic

製品マーケティング・マネージャー, Mendix

Dina Durutlic氏は、Mendixのメッセージを創造し、進化させるスペシャリストであり、顧客や見込み客に価値を提供することに情熱を注いでいます。そのキャリアを通して、企業が各業界の中で競争力を得るための最先端テクノロジーに携わってきました。

Mike Schiraldi

プラットフォーム・シニア・エバンジェリスト, Mendix

Mike Schiraldi氏は、Mendixのプラットフォームとはどういうものか、顧客独自の課題に対してどのような価値を提供できるのか、そしてどこから始めればよいのかを、顧客に分かりやすく解説します。多種多様なプロジェクトチームと関わり、技術的な要件や、能力、機能などを、事業にとって付加価値のあるソリューションに転換することに情熱を注いでいます。コネチカット大学でコンピューターサイエンスの学位を取得し、「開発者の視点」を実体験から理解しています。