自動運転車のためのLiDARシミュレーションと検証

オンデマンド・ウェビナー | 41 分

忠実度の高いシミュレーションによってADAS/AVの開発を加速させる

自動運転車のためのLiDARシミュレーションと検証
自動運転車のためのLiDARシミュレーションと検証

このウェビナーでは、LiDARシミュレーションを使うことにより、自動運転車の開発とテストが開発ライフサイクルの全段階において加速する様子を紹介します。LiDARシステムが自動運転車のセンサーに不可欠な要素になりつつある現在、センサーを製造する企業、システムインテグレーター、およびアルゴリズム開発者にとって、重要なツールがシミュレーションです。ここでは、弊社のエキスパートがシーメンスの次世代シミュレーション機能で、初期設計とプロトタイプでセーフティクリティカルなシナリオを確実にカバーできることを、実物のLiDARシステムで検証済みの忠実度の高い、物理学ベースのシミュレーションを使ってお見せします。

このLiDARシミュレーションについてのウェビナーで学べる内容

  • 信号処理アルゴリズムの開発とテストを行う既存のワークフローを改善し、現在のLiDARシステム設計プロセスにLiDARシミュレーションを統合する方法
  • LiDARシミュレーションを使って、リアルタイムで現実に近いポイントクラウドを生成し、それを認識およびセンサーフュージョンのアルゴリズムのテストおよび開発に使用する方法
  • ADAS/ADシステムのテストおよび検証のプロセスの一環として、忠実度の高いLiDARシミュレーションを組み込む方法
  • センサーおよび自動運転車の重要な設計プロセスにおいて、デジタル・トランスフォーメーションを推進する方法

使いやすい未来のLiDARシミュレーションでデジタル・ツインを導入

シミュレーションを実行することによって、通常は現実の世界で行われるテストを、仮想の世界で行えます。このウェビナーで紹介するシーメンスのLiDARシミュレーション技術は、センサーエンジニアやADAS/AVシステム開発者に、新次元のイノベーションをもたらします。エンジニアがLiDARシステム開発でのあらゆる段階で、仮想モデルを使用し、早期に問題を特定して、市場投入期間を短縮できるのです。シミュレーションが設計プロセスの支えとなり、実物の部品を一切使用せずに初期の製品テストを行う試作プラットフォームとしても機能します。これによって、製品開発者は従来の実物でのテストと比べ、より複雑な状況を幅広い構成でテストできるようになります。

主な利点: シーメンスのSimcenter Prescanソフトウェアがどれほど現実に近く、信頼できるか

  • 熱CFD解析によってヘッドライト一体型LiDARをテスト
  • 物理学ベースのLiDARシミュレーションを使って、さまざまな赤外スペクトルの反射効果をシミュレーション
  • 重要な素材の特性定義に基づいて非常に高精度なエネルギー反射を生成
  • 気象条件とそのLiDAR信号やポイントクラウド生成への影響をシミュレーション
  • 複雑なスキャンパターンを高精度にシミュレーションし、現実に近い運動効果を生成
  • シミュレーション結果の正確性を保証するための検証作業について知る

LiDARシステム製造企業との連携

新製品の投入に向けて、シーメンスは複数のLiDARシステム製造企業と共同で、検証および妥当性確認を実行しました。このウェビナーでは、これらの検証作業について、より詳しく知ることができます。また、さまざまなセンサーサプライヤー製の実際のLiDAR構成を、LiDARシミュレーションによってテストした実例も見られます。

シーメンスのエキスパート紹介

Jordan Gorrochotegui: テクニカル製品シニアマネージャー

過去4年間、自動運転車の開発とテストに必要な世界最高レベルのセンサーシミュレーション・ソリューションの開発に従事。さまざまな製品や領域で12年にわたりソフトウェアエンジニアリングとシミュレーションの経験を積む。人と技術を結び付けて難しい課題を解決することに精力的に取り組む。現在の目標は、仮想シミュレーションソリューションの使用拡大によって、自動運転車の導入を加速させること。