Product Cost Management: 製品の陸揚げコスト計算で何を考慮すべきか

オンデマンド・ウェビナー

シーメンスPLMソフトウェアは仕事柄、さまざまな業界のユニークな製造企業の皆様と関わる機会がありますが、いずれも、製品コスト管理を通して、購買部品の費用を削減し、販売する部品の価格競争力を確保しようと取り組んでいる企業ばかりです。また、ベストプラクティスを全社的に確立し、優位性を獲得している取引先も多くあります。一方、製品の陸揚げコストの定義やその計算で考慮すべき点となると、各社の認識に大きな隔たりがあります。

大半の企業は (自社生産であれ、外部調達であれ)、グローバルな感度解析を通じてどこで製品を製造すべきかを判断しています。ところが、地点間での部品の移動 (陸揚げ) に関わる要素や要因が考慮されていないことが珍しくありません。

このセッションでは、製品の陸揚げコスト計算の基本ツールであるTeamcenter Product Cost Managementについて取り上げます。

シーメンスのポートフォリオ開発グループのJohn Monicaとシーメンスのプリセールス部門のJeff Stinesが、製品のデモを交えながら、一元化したコストシステムとビジネス・インテリジェンス・ツールの連携により、陸揚げコストの総額を有効に管理できるベストプラクティスを紹介します。