インテリジェントな性能エンジニアリングによって製造と機械設計の複雑さを抑える

オンデマンド・ウェビナー | 38 分

競争力の高い機械設計のためのソリューションを提供するインテリジェントな性能エンジニアリング

インテリジェントな機械の性能エンジニアリング
インテリジェントな機械の性能エンジニアリング

変化し続ける顧客の要求、新しい技術の導入、競争のグローバル化といった流れを受けて、世界中の工場やプラントがデジタル・トランスフォーメーションのもたらす革新性に目を向けており、よりインテリジェントで、柔軟性に富み、構成変更が可能で、自動化された産業機械装置への要求が高まっています。産業機械メーカーは、こうした機械の複雑化に対応して、新しい設計のやり方を編み出す必要があります。

デジタル・ツイン・ソリューションによる機械設計の最適化

接続型デジタル・スレッド・ソリューションは、設計チーム、解析チーム、生産試験チーム、およびサービスエンジニア間の情報共有プロセスを自動化します。情報が共有されるため、複数の製品案の強みと弱点を各チームが最も効率よく評価できます。インテリジェントな性能エンジニアリング・ソリューションは、シミュレーション、設計、接続性の向上に焦点を当てた機能を提供します。

クローズド・ループのシステムモデリングによる妥当性確認と検証の利点

産業機械の開発には、生産性、正確性、信頼性、および効率性の最適なバランスを見出すことが求められます。この作業をデジタル化することで、競合他社よりイノベーションを効果的に生み出し、高品質な機械を提供できるでしょう。

このウェビナーでは、インテリジェントな性能エンジニアリング・ソリューションの価値を解説し、重要な差別化要因を3つ取り上げます。

  • マルチフィジックス・シミュレーション – スマート・マシンの性能を向上させるには、幅広い物理学や分野にまたがる横断的なコラボレーションとシミュレーションが必要です。
  • 設計とシミュレーションの統合 – 設計者とシミュレーション・エンジニアは、複数のツールで同じモデルの主要モデルコンセプトを使用して、シミュレーション・データと設計を同期させます。
  • クローズド・ループの検証 – クローズド・ループ・プロセスで、要件間の関係性を把握して実証することで、シミュレーションの妥当性を検証します。

講演者紹介

Frans A.M. Adamowicz

産業機械向けソリューション・ディレクター , Siemens Digital Industries Software

Frans Adamowiczは、主要な戦略的イニシアティブとグローバルなビジネスの成長戦略を支えるチームのリーダーを支援する責務を担っています。産業機械業界のリーダーと緊密に連携しながら主要な取り組みを定め、ソリューションを開発し、この業界が直面している新たな課題へのソート・リーダーシップを提供しています。

Bill Butcher

シニア・マーケティング・マネージャー, Siemens Industrial Machinery and Heavy Equipment Industry

シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアのポートフォリオの価値を伝えるキャンペーン戦略や、Go-to-Marketメッセージ配信、デジタル・インバウンド・コンテンツなど、戦略的マーケティングコンテンツの提供を担当しています。