インテリジェントな設計調整 - 設計定義

オンデマンド・ウェビナー | 32 分

次世代設計調整: インテリジェントな設計調整ウェビナーシリーズ (全3回) の第1回 複数領域の製品開発に対処する設計定義 を見る

インテリジェントな設計調整

設計定義、再利用、調整

このエピソードは、インテリジェントな設計調整ウェビナーシリーズ (全3回) の第1回です。NPDの初期段階に関するマルチドメイン製品開発がテーマです。

インテリジェントな設計調整ウェビナーシリーズについて

医療機器企業は、危害分析とFMEA寄与レベルを含めたISO 14971準拠階層リスク構造を作成するのに苦戦しています。シーメンスのインテリジェントな設計調整ウェビナーは、規制要件を満たす正しい構成はどのようなものかを明らかにし、システムエンジニアリング手法が製品定義と統合にいかに有用であるかを考えます。

マスタークラスの司会者について:

医療機器の分野で20年の運用経験を持つLarry Sampsonは、機器開発のアジャイル性と規制の考慮とのバランスをうまく取る方法を経験から熟知しています。

シーメンスの医療機器プロセスのシニアディレクターとして、製品ライフサイクルのあらゆる面でのベストプラクティスについて、医療機器メーカーに伝授する日々を過ごしています。オフの時間は家族とコロラドの大自然を満喫しています。

Realize LIVE and User2User | May 26, 2021 | Virtual

Realize LIVE + User2User – Registration Now Open!

Realize LIVE and User2User – Registration Now Open!

For the first time, the Realize LIVE and User2User (U2U) events are becoming one unified content-rich experience. In the company of your peers from across the Siemens Digital Industries Software portfolio, which now includes Siemens EDA, you’ll enjoy a wealth of training and education, inspiration and insight - keeping you on the leading edge of digital transformation.

ご質問はありますか?