ハーネスの電気設計と機械設計を統合

オンデマンド・ウェビナー

電気設計と機械設計を統合して潜在的なエラーを削減

ハーネスの電気設計と機械設計を統合する方法を学ぶ

設計の複雑化が進むなか、電気 / 機械設計チームにかかるプレッシャーも大きくなっています。納期を遵守するためには、エラーの修正や重複作業に費やす時間の猶予はありません。電気設計と機械設計を最適に統合できれば、こうした課題を軽減できる可能性があります。VeSysからMCAD環境 (NXなど) にワイヤ配線データを転送できるため、配線作業に必要なすべての情報が機械設計エンジニアに提供されます。ワイヤ長をVeSysに戻して、高精度のシミュレーションと解析を実施し、さらに製品品質を向上させたり、3DのハーネストポロジーをVeSysにインポートして2D展開することで、別の用途に再利用することも可能です。電気設計チームと機械設計チームでデータを共有できれば、データの再作成にかかる時間も不要となり、作り直しによるエラーの混入も避けられるため、早期の市場投入につながります。

このウェビナーで学べる内容:

  • VeSysと連携可能なMCADツール
  • ワイヤ配線情報をVeSysからNXに送信する方法
  • NXからVeSysにワイヤ長をインポートする方法
  • 3DハーネスデータをVeSysにインポートする方法

ハーネスの電気設計と機械設計に関心をお持ちの方

  • 現在のツールセットのアップグレードを検討中の電気システム設計者およびハーネス設計者
  • 2D/3Dハーネス設計を扱う機械エンジニア
  • 電気設計チームと機械設計チームの連携を強化したいと考える経営陣