プログラムとライフサイクルを統合的に管理することで、コンシューマー製品業界のイノベーションを加速

オンデマンド・ウェビナー | 39 分

ブランド管理から製品ライフサイクル管理にいたる敏捷なイノベーション

プログラム管理とライフサイクル管理の統合に関するオンデマンドウェビナー

このオンデマンドウェビナーを視聴すると、プログラム管理とライフサイクル管理を統合して、より迅速な製品化を実現する方法を学べます。組織をどのように変革させるか、段階や機能の異なるプロセスと役割の相互作用をいかに発揮するか、シーメンスのエキスパートが説明します。具体的には、ブランド階層管理、構想、プログラム管理、連携的なプロジェクト運営、製品ライフサイクル管理などについて触れます。

プログラムとライフサイクルの統合管理で得られる利点

  • プロジェクトの立ち上げを3倍以上高速化
  • 製品開発中に作成する重複アセットを40%削減
  • プロジェクト実施段階で付加価値を生まない作業を15%削減
  • 複数製品案の検討能力を50%増強

このオンデマンドウェビナーでは、プログラムとライフサイクルの統合管理について、皆さんの疑問に答えます。

  • 想定通りに進行していないプロジェクトがどれであるか、把握できていますか。
  • 新しい製品開発につながるアイデアが何であるか、設計者自身が気づけていますか。
  • 既存のアセットの大半を再構成することなく、新規市場に参入できるでしょうか。
  • 複数領域の連携を可能にする新たなプロセスをどれくらい早く確立できますか。
  • ファーストトラックはどれくらい高速でしょうか。

シーメンスのエキスパート紹介

Frank Brandau

シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアのコンシューマー製品およびリテール担当ディレクターとして、セールス、サービス、製品開発など部門をまたぐ協調体制の責任者を務め、顧客の大規模で複雑なアーキテクチャーを管理するプロジェクトの技術リーダーを担っています。CPG/FMCGと周辺領域で12年超、製品ライフサイクル管理 (PLM) ソリューション領域で20年の経験を持ち、幅広いソリューション概要と市場価値の提案を既存および見込みの顧客企業に提供しています。業界についてだけでなく、推奨される方法やベストプラクティスにも精通しています。