本文へ移動

統合型MBSE: システムエンジニアリングを製品ライフサイクルに統合

オンデマンド・ウェビナー | 44 分

人、プロセス、ツールを統合することで、MBSEを製品ライフサイクルと統合する方法を学びます。

統合型MBSE: システムエンジニアリングを製品ライフサイクルに統合

今日の複雑な製品にとってシステムエンジニアリング (SE) が必要であるかどうかを議論していたのははるか昔のことです。議題は、SEを製品ライフサイクルプロセスといかに統合するかに移りつつあります。なぜでしょうか。SEこそが、最終ソリューションを形作る下流の製品開発を駆動する青写真となるからです。つまり、製品開発全体をまとめる接着剤の役割を果たします。

このウェビナーを視聴すると、組織全体とサプライチェーンをまず統合し、製品開発全体を通じてそれを維持することにより、終盤での思わぬ統合ミスを回避し、開発プログラムのスケジュールとリソースを最大50%削減する方法を学べます。

シーメンスのエキスパートが次の内容を説明します。

  • 製品アーキテクチャと要件を統合するところから始め、PLMを介して全員 (サプライヤー含む) に提供する方法 
  • 標準的なPLMサービスにSEの成果物 / 要素 (変更、バリエーション、ワークフローなど) を取り込む方法 
  • オンライントレーニング / カリキュラムに支持された標準的なシステム設計手法を統合する方法
ご質問はありますか?